バッテリー再生技術

SEKIYAバッテリー再生技術を高く評価

再生バッテリー、評価8000点以上

バッテリー再生、新型バッテリー再生機完成まで

 

バッテリーは常に再生の繰り返しで使用されています。

 

しかし、同じサイクルを繰り返していくうちに

 

使用されている希硫酸と鉛が徐々に固着化していきバッテリー劣化となります。

 

バッテリーをより良い使用方法を行うことで劣化を遅らす

 

ことが出来ることを解明できました。

 

それには三つの方法を用いることが最も適していることを発見

 

1、バッテリー液温

 

2、バッテリー充電、電流電圧

 

3、常に微細な電流を与えてバッテリーを活性化させる

 

この三つを活かした新技術を活かした最新のバッテリー再生機の完成させました。

 

ご興味のある方はこのHPの中で明らかにして参りますのでご覧いただければ

 

幸いです。提携先を募集しています。

 

 

 

株式会社関谷 関谷勝幸

 

 

再生バッテリー研究

 

 

 バッテリーの世界的権威者の方と「鉛電池」という

 

本を共同で出させていただいています。

 

2010年に出版されています。興味のある方は本屋さんに売っています。

 

この後、わたしは、1年・・・365日間、・・・・毎日・・鉛電池の再生について

 

学びました。PVA活性化剤、原理はメッキ・・・水素過電圧によるサルフェーション

 

解消を行う技術。

 

しかし、これだけでは不完全でした。

 

関谷バッテリー再生とは

 

 何故バッテリーは交換されるのか?

 

●再利用できないのか??・・・しかし、完全なバッテリー再生は出来ない

 

 経験をお話します。

 

 再生事業を始めたころ、数千万円のバッテリーを再生できる(特許品)再生機

 

 を何十台も購入して毎日テストを繰り返しました。

 

 しかし、ほんのすこし再生?充電???

 

バッテリー再生への執念

 

 バッテリーの再生依頼が来ました。

 

10年程度経過、ボロボロ・・・再生できましたら10万円支払うと・・

 

通常、捨てるのが本当ですが、研究だ!やろう///

 

 

 写真のとおりです。電圧無、配線ボロボロ

 

 

 

 バッテリーの箱から出すだけでも大変でした。バッテリーをばらしてひとつ

 

ひとつ点検、充電、確認します。サルフェーションで電気は入りません///

 

 

◎ここで だい・大発見することになる。

 

 この発見が10年間再生バッテリー販売してもクレームなし、また、完成させたバッテリー再生機に活かされることになるのです。

 

 

 ご覧のようにボロボロ

 

最悪、端子の頭をドリルで切り取る。

 

この方法は、アメリカ(アメリカではバッテリーの再生事業が行われている)

 で行われている再生方法を海外の方から学びました。

 

日本ではこのフォークリフトバッテリーは交換後バッテリーメーカーが引き上げていくので市場になかなか出回りません。

 

しかし、最近は製造が中国であるので、フォークリフトメーカーと同じものが輸入できます。メーカーは慌てています。

 

再生されるとメーカーは売れませんから、再生を怖がります。

 

 

 

 このようにひとつ、ひとつ、・・・・丹念に仕上げます。

 

ほんものの再生技術屋です。

 

完成です。

 

10万円で使えます!非常に喜ばれました。

 

信じられないと・・・

 

 

気になるところ質問受け付けます。

株式会社関谷が唯一認めれている再生技術バッテリー認定

商品名:再生バッテリーなのに(JIS)新品のCCA値を上回る。40B19L/R

使っていただけば驚きます。

¥2,480

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

商品名:再生バッテリーなのに(JIS)新品のCCA値を上回る。55B24L/R

使っていただけば驚きます。

¥4,480

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

商品名:再生バッテリーなのに(JIS)新品のCCA値を上回る。80D26L/R

使っていただけば驚きます。

¥6,480

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

商品名:再生バッテリーなのに(JIS)新品のCCA値を上回る。105D31L/R

使っていただけば驚きます。

¥7,480

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

株式会社関谷、バッテリー再生とは

バッテリー再生、劣化データとは、新品とは

 

バッテリー再生というといかにもインチキに聞こえます。

 

そうです。実際に充電だけして販売している自動車リサイクル解体業、

 

在庫バッテリーを充電販売です。再生とは違います。

 

電圧が上がるだけです。

 

お客様の弱ったバッテリーの充電・・・しかし、良くなりません。

 

バッテリーには劣化原因の硫酸と鉛の結晶化現象が起こります。

 

これがおこると動脈硬化のようで治りません、結晶化が取れるのは、

 

結晶化する前です。

 

その前とは、あなたの車で停車、運転を繰り返しているときです。

 

その時点でのバッテリー再生は100%に近い再生可能です。

 

下記のデータをご覧ください。バッテリーが劣化してJIS規格のCCA値の低下、

 

のバッテリーです。

 

当社技術はバッテリーの中を見えるように切り取り見るように行っています。

 

再生、見えますか?

 

サルフェーションが取れていく現象が、この現象を見ることは他社ではないです。

 

バッテリーメーカーも使い捨てを目的の企業ですので見せません。

 

要はバッテリーメーカーはバッテリーの性能はどのようにあろうと新しい

 

バッテリーを消費者に交換してもらい企業をなり建てさせている。

 

バッテリーは専用バッテリーでなければとディラー・・・言います。

 

バッテリーは同じです。

 

専用バッテリーを使用して下さい。

 

このようなところからから購入すると

 

定期に無駄な高額バッテリーを購入することになります。

 

説明:右側が新品バッテリー、次がサルフェーション化バッテリー、次が再生テスト、

 

再生完成、最後の写真は完全に閉塞して硫酸と鉛の結晶化したバッテリー

 

(再生はできません)

再生バッテリー再生:事実の証明

試験データを公開します。従来型のバッテリーです。

 

(※CCA値とはJIS規格値)

 

下記のバッテリー新品性能は740CCA値です。

 

しかしわたしども再生では905-910、CCA値となりました。

 

この原因を究明しますとバッテリー製造メーカーは

 

バッテリーが製造されて、すぐ劣化が起こることを知ってすので、劣化(予測)

 

CCA値を箱に記載しています。

 

つまり、皆さんは劣化バッテリーを購入しているのです。

 

メーカーはなんの対策も講じません、だからバッテリー交換が多く

 

なるのです。・・・2年使えない???・・・

 

メーカの思い通りの生産システムというわけです。

 

ディラー、カーショップ、ディスカウント店も同し

 

使い捨てに日本中がなってしまっている。